同窓会合唱団通信(2017年12月)

同窓会合唱団通信(2017年12月)

2018年1月5日

京大合唱団同窓会合唱団のみなさま

 すっかり寒くなりました。さて12月練習は、12月17日(日)です。まちはクリスマス色でしょうね。寒いなかですが、どうぞ気を付けてお集まりください。 指揮者と総務からのメッセージをお届けします。 小伊藤亜希子

総務よりのメッセージ ♪♪
<前回の練習11月19日(日)の参加者>
男声14名 女声18名
女声に1名、新しい団員が増えました。
男声も見学に来られた方がいらっしゃいます。どちらもご家族です。
歌の輪が広がっていきます。嬉しいことですね。

<12月17日(日)練習時間と会場>
13:00~15:00 男声(太田)
13:00~15:00 女声(岡本)
15:00~17:00 混声(上床)
会場 鴨沂会館

<2018年1月以降の予定>
練習日は原則第3日曜日13時~17時です。
1月21日(日)鴨沂会館
2月18日(日)鴨沂会館
3月18日(日)鴨沂会館
4月15日(日)鴨沂会館
開本恭子

<演奏会CDのお知らせ> 
 先日の「京大合唱団同窓会合唱団・東京洛友ハーモニー 演奏会」のCDを、杉本さんが作成してくださいました。(2枚/1組) ご希望の方は、12月の練習でお申し込みください。500円/組の予定ですが、お支払いは金額が確定してから集めます。

指揮者よりのメッセージ ♪ ♪
<混声指揮者より>
 11月19日の混声練習は、東京混声合唱団が初演した「混声合唱のための歌い継ぎたい日本の歌」(全音楽譜出版社)から、篠田昌伸編曲『今日の日はさようなら』の譜読みをしました。ベースの石動さんに、ピアノ伴奏をお願いしましたが、初見で立派に弾いていただきました。それから先の京都大学ホームカミングデイで現団との合同演奏が実現した「京大合唱団エール」を歌いました。又、コダーイ作曲「夕べの歌」の音取をしました。テノールの林さんに、訳詞を白板に書いてもらいました。その写真を添付ファイルで送信しようと試みましたが、できませんでした。代わりにその写しを下に記します。12月17日は、『今日の日はさようなら』と、同じ曲集から篠田昌伸編曲『リンゴの歌』と、『夕べの歌』を練習します。上床博久

夕べの歌
夕やみ せまりて かりねの こかげに
てーをあわ せ、いのる みめぐみを わが主よ          
                              Ten. (繰り返す)            
Sop.:住みかを かまえよ みしらぬ 土地での  (他パート):住みかを かまえよ
:さすらいの つきひに つかれて この身よ    :さすらう 日‐‐に(fermata)
                               (piano) この身を
わが主よ いこいと 聖なる 天使を
こころを はげます のぞみと {わが}主よ
良いよる を
{下線は一語}

<女性指揮者より>
 11月の練習では、愛唱曲になればいいなと「恋のフーガ」と「なごり雪」の練習をしました。12月はこの2曲の他に、新しいレパの候補曲として、信長貴富さんの「こころに地図をひらいたら」から“こころの地図”を練習したいと思います。それでは17日にお待ちしています。
岡本慶子

<男性指揮者より>
 寒い季節になりました。お体はいかがでしょうか?まだ色々レパートリーに関しては迷ってますが、候補をいくつかしぼりましたので、また今月もかじってみようと思います。曲はお楽しみに。太田茂之