平成27年第3回京大合唱団同窓会幹事会議事録

平成27年第3回京大合唱団同窓会幹事会議事録

2016年7月11日

平成27年第3回京大合唱団同窓会幹事会議事録

開催日時:2015年12月19日(土) 11: 00~15:00頃
12:00〜13:00は現団新旧総務との昼食会
開催場所:楽友会館 会議室
出席者:幹事会員8名
松井会長、石橋代表幹事、幹事(アイウエオ順)、石動(敬)、石動(正)、梅景、梅原、大倉、山下
欠席者:笠原、底押幹事

現団新旧総務が昼食会に同席した。

議題と報告・意見交換(敬称略)

1.現団支援について ― 山下より資料「現団支援策 たたき台」に基づき説明
・人について:まず現団の「全て現役学生で行う」という考え方を問う必要がある。但し、ピアニスト・
ヴォイストレーナは外部である。指揮者支援、特に女声についても例えば岡本さんは用意がある。
 ・演奏会への観客動員(チケットの買取の増加や同窓会合唱団・アルマ等の日程が重ならないように)。
  同窓会合唱団・アルマ・コールフラウエン等とのジョイントも考えられる。
・継続性に問題がある。「責任回生」という考え方に無理があるのでは?
・過去にOBの介入と言われることがあった。
・アルマの演奏記録では85年以前には現団の招待ステージなどがあった。今は疎遠。
 ・物について:現在は新BOXとの位置付けで支援しているが、今後は別に考える必要がある。
  コピー機・掃除機等も壊れている。新BOX独自としては、書棚・椅子.現団で40万〜60万は難しい。
・金について:団員数減少により財政は苦しいのでは?
  演奏会も現在は広告と花輪だけだが、そもそも一定の金銭的支援が必要ではないか?
  ジョイント(遠征)や合宿が困難では?日常活動では電気代で困っていたようだ。
・最近の学生の多くは経済的には豊かだが、そうでない者もいる。演奏会だと40名×15,000円の負担
はしんどい。参加できない者が出ている。
・最近の学生は、演奏会のチケットは売らないで、交換が基本になっている。
・現団に同窓会としての意見を伝え、議論をする必要がある。

(なお、この後の昼食会で現団新旧総務に資料を渡して同窓会幹事会の意見を伝えた。現団側の意見は時間切れで聞けなかった。)

2.前9月5日の幹事会以降の活動の報告。
(1)総会、東京演奏会、懇親会
(2)ホームカミングデイ、新学生集会所見学、懇親会 ― 石動(正)よりまとめて報告
・「通信」pp.2、3、5の通り。東京は黒字であった。今後の取り組みとして、来年現団と学生集会所地
下で交流会(”やわらかい集まり”)を持ちたい。昼に現団総務に話す予定。
・「通信」p.8の野村さんの現団への楽譜寄付と「里帰り演奏会」への希望に注目したい。
(3)現団定期演奏会への取り組み
1と重複するので省略。
(4)同窓会通信の編集、印刷、発送 ― 石橋より報告
今回から関西の印刷会社に依頼し、封筒宛名印刷から発送まで実施した。
原稿は石動(正)が集約した。メール連絡を重ねて大変だったが、うまくいった。

3.今後の取り組み 
(1)関東シニア同窓会(1月11日開催) ― 石動(正)より報告
130名申込。いつもと変わらない。今後の世話人代表については意見交換中。

(2)ホームカミングデイ ― 石動
次回は2016年11月5日(土)(「通信」p.5参照)。現団と交流会ができればいい。日程は別に考えても
いい(現団の練習日等との関係で)。同窓会合唱団としての来年の取り組みとして12月20日の委員会で
提案する予定。

4.その他
A.収支予算の検討 ― 梅原より報告
・計算はできている。会費は11月末で190人余から38万円余の振込。現在20万円不足。寄付は40人から21万円余(これは予算超過)。会費未納分を寄付が補っている現状である。特別会計の4項目については、東北訪問で11万円程(マネジメントと土産代)支出、マグカップは11万円の黒字が出ている。東京の総会では分担金で5万円黒字・懇親会で7万円赤字。ホームカミングデイでは11万円黒字。以上全体として17万円赤字。
・2016年度予算としては、名簿作成(見積あり)と現団との交流ぐらいか。

B.マグカップの配布 ― 石動(正)
・32個残っている。現団の(旧学生集会所を知っている)卒団生に贈る。

C.幹事の役割分担の変更 ― 石橋
今後(追い追い)会員管理担当を大倉が引き継ぐ。

D.ホームページについて ― 石橋
前会長の吉田さんから2〜3年後には引き継ぎを願う旨のメールが来た。幹事内に担当者を決めて対応したい。

E.その他
E-1.名簿作成 ― 石橋
「通信」p.6に予告の通り2016年版発行予定(6月)。「通信」同封の消息ハガキで、複数名から連絡があった。ほとんどは、連絡先は把握していて会費未納のため休眠状態になっている人。これらの人たちに対して、復帰伺いのハガキを出す予定。幹事会としてはそこまで。個人的には色々あってよい。5年以上前の物故者は載せていない。
E-2.東北訪問
引き続き検討する。
5.次回幹事会
2016年4月16日(土)を予定。